油の大切さ☆

ホーム お問合せ・ご予約はコチラ
  • ホーム
  • コース・料金
  • サロン紹介
  • 初めての方へ
  • ご予約・お問合せ
ブログ

油の大切さ☆


アトピーの方で多い症状の中に、「炎症」があります。

アトピーの方は、この炎症が治まりにくい状態になっている人が多く、一旦発動すると、治まることなくずっと続いてしまいます

 

そうなってしまう要因の中で、もっとも影響が大きいものが

「油のバランス」です

 

炎症を起こしたり、治めたりする、いわゆるコントロールをしているのは、

「プロスタグランジン」というホルモンの仲間です。

そのホルモンの中には、炎症を起こす「アクセル」の働きをするものと、

炎症を抑える「ブレーキ」の働きをするものがあります。

*以下、炎症を起こすもの→アクセルホルモン、炎症を抑えるもの→ブレーキホルモン

 

身体が「炎症が必要だな」と判断すると、「アクセルホルモン」が湧いて炎症が起こり、

「もう炎症が不要だな」と判断すると「ブレーキホルモン」が湧いて炎症が治まるのです

 

そして!ここで問題なのが、、、ホルモンの材料です。

実は、どちらのホルモンも「油」でできています

しかし!!油の種類が違います!

 

*アクセルホルモン ⇒ オメガ6不飽和脂肪酸(植物の油)

*ブレーキホルモン ⇒ オメガ3不飽和脂肪酸(魚の油)

 

オメガ6は、いわゆるサラダ油、べにばな油、コーン油、ごま油などです。

オメガ3は、魚をグリルで焼いたときに下にたまる、あの油です!

DHAといって、聞いたことがある人もいるかもしれません

 

 

炎症をおさえるためには、このオメガ6とオメガ3のバランスを整えてあげることが必要です。

オメガ6は、極限まで下げます、、、から揚げ、とんかつ、サラダ油は使わず、炒め物などのときはオリーブオイルで

*ちなみに、オリーブオイルは「オメガ9」という、また別の種類の油で炎症には無関係なので、OKです

その上で、オメガ3を出来るだけ多く摂取してください!

 

このように炎症体質を変えていくと、赤みや強烈なかゆみが治まってくる方が多いです。

ある程度治まってきたら、オメガ6も少しずつ摂取して、2:1くらいのバランスに取り戻していくと良いですよ

 

油の種類って、あまり意識してことがないと思いますが、、、

以上に書いたように、身体にとってはとても大きな影響力があります

みなさんも、ぜひ良い油をたくさん摂取してあげるようにしてみてくださいね。

 

 

 

藤田