脂肪肝とアトピーの関係

ホーム お問合せ・ご予約はコチラ
  • ホーム
  • コース・料金
  • サロン紹介
  • 初めての方へ
  • ご予約・お問合せ
ブログ

脂肪肝とアトピーの関係


フォアグラちゃん

 

こんにちは(*´ω`)

アトピーのできる原因、改善方法など皆さんに発信していってるわけですが、

今日は「アトピーと脂肪肝」についての関係についてご紹介したいと思います

 

もともとアトピーでは、腸管粘膜に炎症やむくみがあることがわかっているので、

腸管粘膜のバリア機能が弱まっています

そうすることで脂肪が過剰に吸収されやすく、過剰摂取になりやすいのです

脂肪肝があると、皮膚のアレルギー反応が悪化することもわかっています

そして、脂肪そのものもアレルギーの悪化因子ですので

脂肪肝を治療することが、アトピーの治療に直結するのです

なのでまずは、脂肪肝かどうかを早期発見していきましょう

 

超音波検査で脂肪肝を検査しよう

脂肪肝には自覚症状がないため、検査するしか確かめる方法がありません

BMI値を算出し、肥満傾向がある場合はもちろんですが、肥満や高脂血症でなくても、脂肪肝かもしれません。。。

外食が多く、お菓子が好きで、運動も少なめであるなど、脂肪肝が心配なアトピーの方は、遠慮なく病院で検査を依頼しましょう

脂肪肝は子どもでもよくある病気ですから、検査は受けられます。

ただし、血液検査でもX線検査でもわからないので、超音波検査のできる病院に行って検査を申し込みましょう

「アトピー性皮膚炎では、脂肪肝が多いということを聞いたので、超音波検査をお願いできませんか」と説明すれば大丈夫。

快く検査してくれるでしょう

 

脂肪肝を改善しましょう

 

食生活の改善

まずこれまでの食生活を見直し、甘いものや脂肪分を控えましょう

パンやパスタなど小麦を主食にすると、脂肪が多い洋食になりがちで、血糖値も米食に比べて急激に上がりやすくなります

肉食よりも魚と野菜が主体の、脂肪分を控えた和食がよいでしょう

ご飯に合わせて具だくさんの味噌汁を摂れば、野菜や海産物に含まれる繊維や必須ミネラルも吸収できます

油は良質な植物油を使用し、それでも摂りすぎには十分注意が必要です

外食は基本的に、味付けが濃く、脂肪分も多いので、極力避けましょう

また、お菓子、スナック類など、高カロリーのものは控えます

どうしても間食がやめられない人は、昼のおやつ時に少量だけにしてください。夜8時以降は、厳禁です

 

運動で脂肪を減らす

体内に蓄積された脂肪を運動療法で燃焼させることが大切です

肝臓に蓄積された脂肪を燃やしやすい有酸素運動が最適です。

まずは散歩など、よく歩くことを心がけましょう

早寝早起きして規則正しい生活をすることも大切です

 

 

・・・脂肪肝恐ろしいですね。。。

まずは自分の生活習慣を見つめなおすことはもちろん、

有酸素運動を意識してアレルギーを改善できるよう

少しづつできること増やしていって

脂肪肝を一緒に撃退していきましょうね

 

大谷