意外なものがアトピーの原因?

ホーム お問合せ・ご予約はコチラ
  • ホーム
  • コース・料金
  • サロン紹介
  • 初めての方へ
  • ご予約・お問合せ
ブログ

意外なものがアトピーの原因?


こんにちは!

アトピーの改善に意外にも関係しているものが、「牛乳」です。

私自身も、小さいころからカルシウムのためにと毎日のように牛乳を飲み続けていました。

しかし、牛乳が私たち人間の身体に与える影響は、どちらかというと悪影響でしかないのです。。

(最初この事実を知ったときは、本当にショックでした。。何せ高校生まで毎日朝昼晩とずっと牛乳を飲み続けていたんですから!)

 

色々な影響があるのですが、この回では2つピックアップしてお話したいと思います。

 

一つ目は、「牛乳は消化に悪い」ということです。

牛乳には、きわめて悪い「飽和脂肪」を大量に含んでいます。

これは腸の粘膜を弱らせてしまい、腸壁バリアによるアレルギー抑制の働きが崩れてしまうのです。。

そして、乳脂肪は加工の過程で酸素と結合して、「過酸化脂肪」になってしまうのですが・・・

この「過酸化脂肪」は、腸内の悪玉菌を増やして、細菌のバランスを崩し、活性酸素やアンモニアなどの毒素を発生させてしまい

結果的に、腸がどんどん弱ってしまい、免疫機能が落ちてしまうのでアレルギーを引き起こしやすくなります。

 

二つ目は、「アレルギーの原因は牛乳のタンパク質」です。

非常に小さい牛乳のタンパク質は、私たちの体内でアミノ酸に分解される前に腸壁をすり抜けることが非道に多く発生します。

この牛乳のタンパク質は、カルシウムと結合しているので、免疫システムが「異種タンパク質」すなわち、これは「異物」だと判断をしてしまうのです!!!

そうすると、異物が入ってきたとみなして、身体はこれを排除しようとします。

また、牛乳タンパク質を分解するときに「毒素」が発生してしまい、これも免疫システムに弊害をもたらし、アレルギーを防ぐ力をなくしてしまいます。。

その結果・・・!!

腸で発生したヒスタミンという炎症を起こす物質が血流に乗って全身に回り、、体中の様々な場所でアレルギー反応、炎症が起こってしまうのです

 

 

いかがでしたでしょうか?

アトピーでなかなか良くならないという方は、ぜひ牛乳や乳製品を摂取しないということを試されてみるのもオススメです

 

藤田